今時のレーシック

10年前にぐらいには、本当に今ほど、『レーシック』が主流じゃなくて、
『レーシック』自体、言葉が珍しくて、ただ、眼科でレーシックを扱ってる
とこに、受診した時に、前は、保険適用外だったので、片目30万円で、両眼で、60万円
に失明した時の『同意書』も書かないといけないと説明をうけた・・
あの時は、したかったが、料金の高さと失明の怖さで
とりあえず、{やめておこう・・}しぶしぶ病院をあとにした・・
けっこう目が悪くて、眼鏡を常時かコンタクトを常時だったので、
ひどく憧れを、なにもつけなくて見える事に対して自分の
もしも、叶うなら・のランキングがあったとしたら、確実に1位か2位だろう・・
目が悪い人の憧れ=レーシックになりつつある現代で、
ただ、失敗事例も確認されているので、やっぱり注意してほしいと
切に思う・・・
自分の眼だから・・たとえ、98,9%成功しても、自分が1,1%に入る可能性も
やっぱり考えてほしい・・・
聞いたことがあるのは、しっぱいされて、ドライアイになり視力回復せずに、
目の病気になり、点眼を1~2時間には必ず点眼するように
なってしまった例もあるので、本当に注意してほしい。
アメリカで始まった手術方が、日本にも入ってきて、
今ではもう、主流に変化しているが、患者さんはのきなみ
絶対に増えてるに違いない・・確実に・・
2年前ぐらいに周りがレーシックをし始めて、
気づけば周りはレーシック経験者ばかりで、レーシック関連の話に
くいこめずに若干、仲間外れ感を感じるしだい・・・
でも・・1日で帰れる、日帰りの手術だけに、レーザーで角膜を切った時の
感触とか気持ちは聞けずじまい・・・
実際に、どんな気持ちだったのだろう??・・ と考えるが、
考えると少しやっぱり怖くなってしまう・・
だって失明の可能性あるっていわれたら、誰だって不安になると
思うんやけど・・ 
理想を手に入れるためには、リスクもかなりあるんやなぁと
感じていたのだった!

結婚相談所大阪で婚活に励もう

検索エンジン最適化